日本初のiPhone

2007年にソフトウェアキーボード式携帯電話iPhoneを大々的に発表したアップル社ですが、初代iPhoneは実は日本では未販売ということをみなさんご存知でしたでしょうか?日本では、開閉式の携帯電話しか存在しておらず、当時ニュースにはなりましたが日本人にはまだ受け入れられる商品ではないと判断されていて販売はされませんでした。それでは実際に日本でiPhoneが販売されたのはいつからなのでしょうか?

日本で実際にiPhoneが販売されたのは、初代iPhoneが発表された翌年の2008年。初代iPhoneから名前を変えて、iPhone3Gという商品名の新たなiPhoneが販売されました。このiPhone3Gが初代iPhoneと異なる点は、GPS機能が備わったというところ。今では当たり前に聞くこのGPSですが、GPS機能が備わったことにより位置情報を正確に取得できるようになり、ここから位置情報を利用した様々なサービスが携帯電話でできるようになりました。

たとえば、地図アプリでカーナビのように目的地へ向かったり、最寄りのコンビニを探したりといったアプリはこのときから始まりました。また、わざわざ登録をしたりせず、今いる地域に沿ったサービスを受けられるようになるといった機構もこのときから始まりました。このiPhone3Gは予想以上の反響を受け、発売日当日には日本全国でiPhone3Gを求める客がアップルに大行列を作り、社会現象となりました。



Copyright © 2017 iPhoneについて All rights reserved